【AviUtl】文字を傾ける演出の作成方法

「AviUtl」の拡張編集で文字を傾ける演出の作成方法を紹介します。

以の下動画のような演出ができるようになります。

youtu.be

作り方

  1.  タイムライン上に傾ける文字のオブジェクトを追加し、「サイズ」を「100」に設定し、文字を「中央揃え[中]」に設定します。f:id:sanpei07:20210110195623p:plain
  2. テキストの設定ダイアログを拡張描画に変更します。

    f:id:sanpei07:20210110192543p:plain

    f:id:sanpei07:20210110192719p:plain

  3. テキストオブジェクトを右クリックし、「中間点を追加」をクリックします。

    f:id:sanpei07:20210110192938p:plain

  4. もう一度テキストオブジェクトを右クリックし、「中間点を時間で均等配置」をクリックします。

    f:id:sanpei07:20210110193921p:plain

  5. テキストオブジェクトの中間点より前部分を選択し、設定ダイアログのX軸回転を「直線移動」に変更します。

    f:id:sanpei07:20210110194142p:plain

  6. 続いてX軸回転の終了時の値を「90」に設定します。

    f:id:sanpei07:20210110194316p:plain

  7. 次にテキストオブジェクトの中間点より後ろ部分を選択し、設定ダイアログのX軸回転の開始時と終了時の値がそれぞれ「90」と「0」になっていることを確認します。

    f:id:sanpei07:20210110194912p:plain

  8. 設定ダイアログの中心Yの値を「50」に設定します。

    f:id:sanpei07:20210110195421p:plain

  9. 最後にYの値を「50」に変更すれぱ完成です。

    f:id:sanpei07:20210110195454p:plain

完成動画

youtu.be

参考リンク

seguimiii.com